2012年02月25日

幸せになる女性のからだお手入れ法 感想

昨日、「幸せになる 女性のからだ お手入れ法」(女性のからだ講座) 無事終了しました。


まずは、参加された方の感想です。


==============================

生理が身体全体 ー 例えば、耳のかたさや足首、足、肩甲骨などに関わっているとはおどろきました。
子どもにも、生理の始まる前に良いイメージを与えてあげようと思いました。
私もできることなら妊娠する3年前に戻りたい気分ですが
(こんな大切なこと、もっと早く学びたかった ー 学校で子ども達に早くきちんと伝えるべき大切なことだと思います
 授業でやったらいいのになぁと)
でも今こうして学ぶチャンスをいただき、これは子ども達にきちんと伝えるために与えられた時間なのかなぁと思っています。
もっともっと学びたい。
今日は早く戻らなければならず残念すぎますが
また次回、チャンスがあればと願っています。
貴重ですばらしい話をありがとうございました。
自分の身体の声をきちんと聞けるように食事や考え方、身体に気を配って整えていきたいです。




妊娠3年前から身体を整える とは思ってもみないことでした。
それくらい子どもを産むことは大切で大きなことなのだと改めて思いました。

マイナスに引っ張られる(過去にとらわれる)傾向があるのでいつもすっきりしない
落ち込むことが多いので、眠りも浅いと思います。
もう少し晴れやかな気分で暮らせたらと思うこの頃です。




身体のこと、知らないことが多くこれからもできる限り参加したいです。




先生の話は、いろいろ知らないことが聞けておもしろかったです。




身体を上手にゆるませたいと思いました。
春に向かって身体を整えたいです。
楽しかったです。
どうもありがとうございました。
すべては繋がっているのですね。




身体を緩める運動が簡単にできて、これから続けられそうです。
生理周期と骨盤との関係は知らず、勉強になりました。
頭痛、肩こりも子宮からのメッセージなのだと思えば楽しく受け止められそうです。




何度聞いてもその都度、心に響くことが違って大変勉強になります。
「からだそだて」これからもしていこうと思いました。
昨年の今の自分と今年の自分を比べてみると、ずいぶんと変化したなと思います。
自分の身体のメッセージを聞いてあげられるゆとりを持って毎日楽しく過ごしたいなと思いました。
「からだを育てる → 感性・感覚が研ぎすまされる → 自分らしい人生に」ということが
今日一番心に残りました。
今はまだその途中なので、どんどんゆるめてゆったりとした自分になれたらいいなと思います。
これからは、ビジョンヨガと食事の講座: ゆったりとした公園でビジョンヨガをして、その後ランチ会とか、
からだ講座を聞いて実践ワークとしてヨガをするというのもいいなと思います。




ありがとうございました。
おだやかな学習時間が持てました。
忘れかけていたからだへのいたわりを思い出しました。
やっぱり女性講座は必要ですね。
テーマを小さく決めて、講座1時間、ヨガ1時間でどうでしょうか?

==============================


みなさん、ありがとうございました。
今回は、玄米おむすびの会の村田さん手作りのお弁当つきで、こちらも大変好評でした。
お弁当を食べながらのみなさんとの会話では、私自身もいろいろとためになることが聞けたりと、楽しかったです。
そして、講座を聞くだけじゃなくて、ヨガもしたい! というご希望や、今後の講座に関するいろんな提案もいただき、
定期的にヨガやからだ講座を開催していきたいなと改めて思っています。


それから、今回の講座の私個人の感想ですが。。。

「出産は痛い/怖いと思っていますか?」という質問をすると、以前は「怖い〜!」という方が大半だったのですが、
「げんぴん(吉村医院のドキュメンタリー映画)を見て、お産は怖いというイメージが変わった」
という方が今回受講された方の中にも何人かいて、と〜っても嬉しかったです。

なぜなら、「お産は痛い/怖い」というイメージを変えたい!」と思って
河瀬監督を吉村先生に引き合わせたのですから。
私の想いが、現実になっているのがみれた素敵な1日になりました。


今年は、ぜひ、思春期の女の子のお母さん対象にやっていきたい、
できれば、学校でもお話ができればいいな、と思っています。

もし、ご希望があれば、どこでも行きますので、お気軽にお声をかけてください。
お待ちしております。
posted by あつこ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性のからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック