2013年06月11日

赤ちゃんができたら ☆マタニティライフの素敵な過ごし方☆ 三つ子の魂百まで

6月30日の池川明先生の講演会にあわせて、
最近、マタニティヨガの問い合わせを多くいただき、とてもうれしく思っています。

「三つ子の魂百まで」といいますが、その中には、もちろん、妊娠期間中も入っています。
昔の数え年というのは、妊娠中の期間も含めるので、プラス1歳と数えるのですね。

つまり、妊娠期間から(もっと言えば妊娠する以前から)子育ては始まっているのです。

では、どんな風に過ごしたらいいか?

一番大事なことは、楽しく心地よく過ごすこと、です。


赤ちゃんがこういう子になって欲しいな、と思うことをなるべくして、
こんなふうになって欲しくないな、と思うことはなるべくしないように気をつけましょう。

明るく元気な子がいいな、と思えば、明るく元気に楽しく過ごしてください。
神経質な子はいやだな、と思えば、あまり気にしないで、楽しく過ごしてください。

とはいっても、イライラしたり、怒ってしまったり、落ち込んだり、もありますよね。
そんなときは、「赤ちゃん、ごめんなさい。今、私は、こんな気分だから。」と正直に伝えて謝ってください。

赤ちゃんは何でも許してくれます。

そんな妊娠中に気をつけたいことが、胎内記憶からもいろいろわかります。
6月30日の講演会では、そんなお話もでてくるかと思います。
ぜひ、いらしてくださいね。

他にも、細かい話をするといろんなことがありますが、
まず、気をつけていただきたいことを以下にまとめてみました。
赤ちゃんもお母さんも楽しく快適に過ごせるように、参考にしていただけると嬉しいです。

1 おなかをいっぱい触ってあげてください

赤ちゃんの触覚は妊娠2カ月でできあがると言われています。
おなかを触ることで、赤ちゃんはお母さんの愛情を感じることができます。
あなたの手のあたたかさ、ぬくもり、愛情を赤ちゃんにたくさん感じてもらいましょう。
心の中で赤ちゃんに声をかけたり、赤ちゃんに意識を向けて触れてみると赤ちゃんからのメッセージが聞けるかもしれません。
また、パートナーや赤ちゃんのお兄ちゃん、お姉ちゃんにもおなかをいっぱい触ってもらってください。
家族が大好きな子どもになりますよ。

2 とにかく心地よく過ごしてください

あなたの心と身体の状態が直接赤ちゃんの成長に影響しています。
お母さんがリラックスした状態でいると、赤ちゃんは順調に育つことができます。いつも心地よい状態でいられることを心がけてください。お風呂にのんびり入ったり、ゆったりした気持ちのいい音楽を聞いたり、自分の好きなこと、リラックスできることをどんどんしてください。

パートナーとの関係も大切ですよね。いい関係でいるのはもちろんのことですが、この時期は赤ちゃんの一生がかかっているつもりで、できるだけ、あなたが快適に過ごせるための協力をしてもらいましょう。
産まれてくる赤ちゃんのことを2人で考えながら、幸せなときを過ごすことを考えてください。

3 お散歩をしましょう!

散歩は骨盤を整え、お産に必要な体力も養います。理想は毎日2時間、最低でも30分は散歩したいところです。その日の体調など、身体に聴きながら、無理のないように15〜30分位から少しずつお散歩をしてみてください。頑張り過ぎも禁物です。おなかに手を当てて、リラックスしながら、楽しい散歩を心掛けてください。
散歩ができないときは、家の中ではいはいしたり、床拭き掃除をしましょう。

4 たくさん寝てください

胎児は日々ダイナミックな成長をとげています。眠くなるのは、赤ちゃんが育っている証拠です。睡眠が足りないと、赤ちゃんの成長にも影響します。眠くなったらしっかり寝てください。

5 目と頭はできるだけ緊張させないように

テレビ、パソコン、読書は妊娠期間中はなるべく避けてください。
根を詰めることもなるべくしないようにしてください。
目を使うと頭が疲れ、骨盤が緊張して、お産のときにうまく開かなくなります。安産のために、今は、ゆっくりとリラックスすることが一番です。

6 身体に悪いものはできるだけ避けて

食事は、住んでいる土地のもの、旬のものを中心に、添加物などは極力避けて自然なものをとってください。粗食、和食がいちばんです(のり、天然の塩や調味料、有機野菜、海草など)。但し、魚はあまり採らないほうがいいと言われていますので、ほどほどに。

食事以外にも、皮膚を通して有害物質が体内に入ると、羊水が汚染されてしまいます。合成洗剤、シャンプー、パーマは使わないようにしましょう。

7 身体は冷やさないで

冷たい食べ物は極力避けてください。足首、腰は夏でもしっかり保護して暖めましょう。身体が冷える方は、仙骨のところにカイロを当てるのもいいでしょう。
お風呂/温泉に入って、身体をしっかり暖めて、心も身体もリラックスしてください。


いろいろと書いてしまいましたが、大事なのは、赤ちゃんを感じながら自分の身体と心に幸せに快適に過ごしていただくことです。

そして、自然なお産をするためには、股関節の柔軟さ、腰椎と骨盤の弾力が必要です。それには、もちろん、マタニティヨガがお勧めです。
身体、心を整えて、素敵なお産のための(ビジョンヨガの)マタニティヨガ、ぜひ体験してみてくださいね。

スケジュールなどの詳細は、お気軽にお問い合わせください。
nakamachi@nakamachi.com または 090−5672−5092(中町敦子)まで。

幸せな妊娠/出産を楽しみましょう!
posted by あつこ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マタニティヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック