2014年04月14日

「からだ」って、おもしろい!


昨日、夫が腰が痛いというので、最近お知り合いになった鍼灸師さんのところに行ってきました。

(私が腰痛にいいヨガを教えてあげればいいのですが、なかなかやらず(ーー;
 昨日鍼灸師さんに「ヨガいいですよ」と言われ、ちょっとやる気になって帰ってきました(笑))

夫が鍼を打っているのを見ていて、いろいろおもしろかったこと。

いろんなところに鍼を打っていて、特に反応してなかったのに、
右腰のあたりの1ヵ所だけ、鍼を近づけると、身体が「びくっ」と反応するのです。

本人は「くすぐったい」と言うのですが、
身体が反応しているのは、明らかに、
鍼を打とうとして、身体に手をおいたときではなく、
「鍼が身体(その箇所)に近づいたとき」なのです。

本人はうつぶせになっていて鍼が近づいた瞬間は、見えていないのに!

まるで、身体が、「ここに鍼を打たないで!」と言っているようでした。

そこで、まず別のところに鍼を打ってその箇所付近を少しゆるめてあげると、
その後は、そこに鍼を近づけても反応しなくなり、無事その箇所に鍼を打つことができました。

身体の部分(細胞)に意識や意志があるとしか思えない、不思議な事実。


そして、もうひとつ不思議だったこと。

最後に痛みがなくなったかどうか確認をすると、
鍼をする前は腰全体が痛かったのに、痛い箇所が小さな点(ポイント)になったそうです。
しかも、その痛みのポイントは、鍼に反応していた箇所! でした。
何度か他の所に鍼をしたりマッサージをしたりしていたら、
その痛みのポイントは、少し右に移動し、次には少し上に移動し・・・。

不思議です。

いろいろやっているうちに、腰の前あたりの内蔵に何か違和感を感じたようで、
つまり、腰の(ポイント)痛みの原因は、内蔵の不調にあるようでした。

身体はすべて繋がっているので、
痛みの原因は、その痛みの場所にあるとは限らないことは、よく知っていましたが、
まさに! 腰痛は、内蔵からのメッセージだったわけです。

腰痛対策(ヨガ)の他に、半身浴で身体を温めたり、足裏のツボ押しをしたり、
暴飲暴食(夜遅くの飲食)を控えたりすると良さそうです。


身体について、私達は、いろいろ知っているようで、
実は、まだまだ知らないことがいっぱいありそうですね。

身体の持っている力を目の当たりにして、とっても驚いたのと同時に、
もっともっと身体の気持ちを感じてあげよう、身体を知りたい、と思いました。

ちなみに、身体の感覚が研ぎすまされればされるほど、
知らずに行動することが、いろんなこととタイミングが合うのは、
身体がいろんな情報をキャッチしているからなのかな? という気がしました。
posted by あつこ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック