2012年07月23日

夏休みは、家族と過ごそう!

先週末から、子どもの学校も夏休みに入りました。

ヨガを習い始めたときには3歳だった息子も、もう小学6年生。
まだブツブツ言いながらも、時々は一緒に出かけてくれていますが、
中学生になれば、きっと一緒に出かけることもあまりないでしょうね。

「三つ子の魂百まで」という想いで、
3歳までたっぷりと愛情を注いで育ててきました。
その後は、しつけで多少厳しくしながらも、
あなたは、パパとママの宝物だよ、と愛情を伝えること、
タッチセラピーで触れること、
そのままの子どもを受け止めること、
自主性を尊重することを意識して育ててきたつもりです。

子育ては自分育て、と言うように、
私自身の問題は、子どもが問題を起こしたりすることで、気づきをくれます。
そんなふうに試行錯誤しながら、子どもに鍛えられながら、一緒に成長してきました。
まだまだ、これからも、いえ、12歳〜15歳は、身体も心も大人へと成長していく多感な時期、
「反抗期」と呼ばれる年頃ですから、これからが自分を試される一番大変な時期かもしれません。

ますます自立して、子どもと一緒に出かけることも少なくなっていくことでしょう。
夏を楽しめるのも、もしかしたら今年が最後かも?
という思いで、今年の夏は、子どもと過ごす時間を大事にしたいと思っています。

普段あまりできていない、戸外で、自然で、身体を動かしたり、汗を流したりしてみたいと思います。

つまりは、「遊びの達人」を目指して・・・

さぁ〜、今年の夏は、思いっきり遊ぼう〜!!!
posted by あつこ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする